【勉強会レポート】「業種特化勉強会(HR)応用編」

皆様こんにちは。Datalympic実行委員会の中の人です。


「働き方改革」という言葉が特に話題となっていますが、弊社にも、そういった人事領域に関するお問い合わせも少なくありません。そんな背景から「業種特化勉強会(HR) 初級編」を開催しましたが、今回は続編の「業種特化勉強会(HR) 応用編」です。


講師は前回に引き続きウイングアーク1st、人事ソリューション・エヴァンジェリストの民岡良です。これまで人事管理システムや採用・育成業務プロセスの立案・改革を行っており、現在はHRテクノロジー・コンソーシアムの理事を務めている「人事ソリューション・エヴァンジェリスト」です。

初級編はHRテクノロジーのトレンドや働き方改革の手法の概略を説明する形式での講義でしたが、今回は「人材スキルの見える化」と題しまして、人事系のダッシュボードのサンプルを実際に参照しながらの講義です。


近年「人材スキルの見える化」が必要とされている背景は、「働き方改革」にあります。今後労働人口が少なくなるもとが予想され、労働力をロスすることは企業側にとって無視できないリスクになります。「労働力のロス」とは、女性の出産や病気などでこれまでのような勤務形態が困難な従業員をケアできずに失うことだけでなく、単純に従業員の仕事のミスマッチに起因する低パフォーマンスや退職も含みます。この対策の一つとして「人材スキルの見える化」があります。


「人材スキルの見える化」とは従業員のスキルを可視化することにとどまりません。

まず初めに、求める人材の「スキル・コンピテンシー」を定義(モデル人材像の定義)した上で、それらを「共通言語」「共通のモノサシ」として採用基準の策定、報酬額の決定、従業員の教育・キャリア開発、成果を最大化するためのマネジメント、後継者計画という「従業員のライフサイクル」を回していく。これが目指すべきタレントマネジメントのあるべき姿です。

「モデル人材像の定義」についてはすぐに正解が見つかるわけではありません。いくつかの仮説を立て、どのような定義が取り合えずの正解か、常に検証を繰り返す必要があります。この仮説の検証ですが、もし検証を行うためのツールを自分自身で扱えないのであれば、外部の専門家(データサイエンティストや統計の専門家等)依頼する必要があります。


しかしその場合、「コミュニケーションロス」に起因するリスクが含まれてしまいます。「自分の意図を正確に伝えられないリスク」「依頼から結果が帰ってくるまでのターンアラウンドが長くなり、結局高速化が実現できない」というリスクです。

そのため、これらのリスクを含まずに済む「自分自身で仮説を高速で検証する」ことが、ベストです。自分自身で仮説を高速で検証するための手段がセルフサービス型BIです。

というわけで、セルフサービス型BIである「MotionBoard」を利用した人事系ダッシュボードのサンプルを紹介します。

スキルセット検索ボードです。従業員の現状スキルを把握し、今後必要になるスキルや募集しているポストへのマッチングを確認するためのボードです。また、登録派遣者のスキルを登録することで、同様にスキルマッチングの確認も可能になります。

MotionBoardを利用すれば、キャリア開発領域以外の勤怠管理や労働生産性管理といったHR領域についてもボード作成が可能です(もちろん、HR領域以外のボード作成も可能です)。

こちらの勤怠管理ダッシュボードでは、勤怠管理だけでなく、営業データと組み合わせて分析することで、労働生産性という指標を算出することも可能です。売上に対してかかった工数、残業時間などから、生産性を割り出すことができます。

HR領域だけだとアイデアがなかなか出ない、という方はHR領域と別の領域のデータを組み合わせることで、なにか新しいアイデアが出るかもしれませんね。

今回は一部のみご紹介しましたが、Datalympicに応募された方には勉強会で使用した説明資料および勉強会の動画を参照いただけます。ご希望の方は、Datalympic事務局までお問い合わせください。


以上、勉強会レポートでした。



<<勉強会のお知らせ>>

Datalympic実行委員会では、応募者の皆様の作品制作の助けとなるような勉強会を企画・開催しております。

(勉強会は全て無償ですのでご安心ください)


今後の勉強会の開催予定はこちらをご参照ください。

また、勉強会は現地開催だけでなく、ZoomによるWeb配信も行っておりますので、お気軽にご参加ください。

(Zoomについてはこちらをご参照ください)


今後もDatalympicへご参加いただける皆様へ向けて、作品製作の助けとなる勉強会を企画・開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております!

19回の閲覧
Copyright© WingArc1st Inc. All Rights Reserved.